TOPページ >経営理念・社長挨拶
 
 




太古の時代、類人猿は道具とともに使いこなす知恵を授かりました。
類人猿は高いところに熟した果実を落とすために、道具として棒を使いました。
その棒を作るための新たな知恵が骨や石を加工し、火や金属をも手に入れていきました。

こうして人類が授かった知恵は、着実かつ急速に拡大していったのです。
上手に扱うだけでなく、道具自体を想像するゆたかな知恵。
見たこともない道具を、優れた想像力と発想力で生み出すこと。
この力は豊かで調和の取れた美しい社会をも想像していきます。

ミタク工業の仕事も、豊かな幸せと発展を想像しつづける、素敵な事業でありたいと思っています。



「出来そうにない事」に挑戦する勇気がミタクの将来像をつくります。我々の仕事は「道具を作るための道具(物)づくり」です。

ミタク工業株式会社

ページトップへ



Copyright c 2010 Mitaku kogyo Corporation. All Rights Reserved.